農民デモを扇動しているとして、カマラ・ハリスの姪もグレタさんと同様に画像を燃やされてしまう

インドのナショナリストはソロスの抗議を支持するためにカマラの姪とトゥーンベリの画像を燃やす

ミーナ・ハリスは、イスラム主義者や共産主義者にも支持されている暴力的なインドの農場抗議の声の擁護者でした。
インドの国民主義グループは、カマラ・ハリス米国副大統領の姪であるミーナ・ハリスと左翼の環境活動家グレタ・トゥーンべリの画像を、2人の個人がインドで進行中のソロス支持の抗議運動を承認した後に燃やした。
インド政府を支援するナショナリストのユナイテッドヒンドゥーフロントは、ツイッターで暴力的な抗議運動を声高に宣伝した後、ハリスとトゥーンバーグの画像を焼き付けました。

ハリスの誤った主張/1月6日の暴動と無理矢理結びつける

民主的に選出されたインドの保守政権が農業改革法案を可決しようとした後、ハリスはインドで「民主主義が暴行を受けている」と誤って主張した。

「過激派の暴徒によって焼かれた自分の写真を見るのは奇妙です」と、インドの子孫であるハリス(カマラ・ハリスの母親がインド出身)は書いています。「私たちがインドに住んでいたら彼らがどうするか想像してみてください。」

彼女は農業法案を1月6日の議会議事堂の襲撃と比較し、左翼の反政府抗議者に対するインドでの「準軍事的暴力」があったと主張する前に、2つの状況を「関連」と説明した。

ミーナ・ハリスの実際のツイート

「世界最古の民主主義が1か月も前に攻撃されたのは偶然ではなく、私たちが話すように、最も人口の多い民主主義は攻撃を受けています。これは関連しています。私たちは皆、インドのインターネットの閉鎖と農民の抗議者に対する準軍事的暴力に憤慨しているはずです。

AOC(おかしいよコルテス)が国会議事堂の暴動で経験したトラウマについて無防備に話してくれたことに感謝しますが、彼女がしなければならないほど怒っています。説明責任がゼロであり、下院議員が追放されていません。それは恥ずべきことです

https://platform.twitter.com/embed/Tweet.html?dnt=true&embedId=twitter-widget-0&frame=false&hideCard=false&hideThread=false&id=1356747965713371138&lang=ja&origin=http%3A%2F%2Ftotalnewsjp.com%2F2021%2F02%2F08%2Fgreta-2%2F&theme=light&widgetsVersion=889aa01%3A1612811843556&width=550px

ミーナ・ハリスは「イスラム主義者や共産主義者」に支持されている「暴力的な農民デモ」を煽動しているとして国民から反発を受けている

彼女が最初に削除してから編集版を再投稿したこのツールキットの露出は、調査を含む愛国心が強いインドの国民からの激しい反発を引き起こしました。

2020年2月、ジョージ・ソロスは、世界的に「ナショナリズムと戦う」ための10億ドルのイニシアチブを開始すると発表し、彼の主要な目標をドナルド・トランプ米大統領、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、インドのナレンドラ・モディ首相とした。

イスラム主義者と共産主義者もまた、インド政府を不安定化させる努力を支援するために団結しました。

アメリカ民主党員はインド政府の対応を批判

米国の主要な民主党員も、抗議行動への支持と、彼らに対するインド政府の対応への反対を表明した。

「彼らの生計のために抗議しているインド中のすべての農民との連帯」と言ったイルハン・オマル議員(D-MN)。「インドは彼らの基本的な民主的権利を保護し、情報の自由な流れを可能にし、インターネットアクセスを回復し、そして抗議を報道するために拘留されたすべてのジャーナリストを解放しなければならない。

ヘイリー・スティーブンス議員(D-MI)はまた、「インドの新しい農業改革法に抗議する平和的なデモ参加者に対する報告された行動に懸念を抱いている」と述べた。

実際の民主主義に反対しているにもかかわらず、「民主主義を支持する」と主張する同様の抗議も、近くのミャンマーとタイの保守的な政府に対して開始された。(nationalfile)

グレタさんは、インドの農民の抗議ツイート」をめぐり、インド警察から犯罪陰謀調査されてしまう

【グレタさんがしてしまったこと】

「インドで起きている農民の反乱抗議を鼓舞するツイートをした際に、何をするべき(書くべき)か、言われた(指示されていた)ことをついうっかり共有してしまった模様。インドの警察から正式な犯罪陰謀調査を開始されてしまう」

おかしいよコルテス、1月6日の国会議事堂の暴徒乱入の件は「真っ赤な嘘」だったとバレる

1月6日の乱入事件について、ライブで中継した際「ここで死ぬのかと思った。暴徒によって心的外傷を受けた。トランプ大統領支持者とトランプ大統領をアメリカに対する裏切り者だ」と述べた。
しかし実際は暴徒の乱入が起こったとき、おかしいよ議員は議事堂にはおらず、下院議員会館にいたということがバレた。真っ赤な嘘ということがわかりTwitterで非難轟々。#AocLiesのハッシュタグも。

Source: 農民デモを扇動しているとして、カマラ・ハリスの姪もグレタさんと同様に画像を燃やされてしまう | Total News World (totalnewsjp.com)

  • 712