Category: Int’l News: Japanese – 日本語

農民の全国規模抗議行動に関する注意喚起

●報道によると、インド国内の主要農業組合は農民に対し、2月6日(土)正午から午後3時までの間、インド全国における高速道路(国道及び州道)を封鎖し、抗議行動を行うよう呼びかけているとのことです。 ●最新情報の入手に努め、特に高速道路の利用に当たっては十分ご注意いただくとともに、抗議行動の現場やシュプレヒコールをあげる集団を察知した場合には決して近づかないよう注意してください。 1 11月下旬以降、農業関連法の撤回を要求するパンジャブ州農民ほかデリー周辺州の農民を中心とした抗議行動(Delhi Chalo)がデリー近郊で継続されています。1月26日の共和国記念日におけるデリー準州内での抗議行動では、許可されていた開始時間やルートを守らず、一部の抗議者らが暴徒化し、負傷者が出るなどの事態が発生しました。 2 主要農業組合は、政府の対応を非難し、農民に対し2月6日(土)の正午から午後3時までの間、全国規模の抗議行動を行うよう呼びかけており、インド全国における高速道路(国道及び州道)を封鎖すると発表しています。なお、封鎖する高速道路の詳細については明らかにされていません。 3 抗議行動の状況によっては、政府側による道路等の封鎖や通信の制限などの措置がとられる可能性もあります。 4 在留邦人の皆様におかれましては、不測の事態に巻き込まれないよう最新情報の入手に努め、特に高速道路の移動や陸路での州境を越える移動を計画される場合には十分ご注意ください。抗議行動の現場やシュプレヒコールをあげる集団を察知した場合にはくれぐれも近づかないよう注意してください。 Source: 農民の全国規模抗議行動に関する注意喚起 – 世界の治安情報等 (hatenablog.com)

Read More

インド農民数十万人が首都で大デモ 農産物「自由化」新法に実力抗議

週刊『前進』04頁(3184号02面04)(2021/03/01) インド農民数十万人が首都で大デモ 農産物「自由化」新法に実力抗議 (写真 トラクターで進撃する農民デモ【1月26日 ニューデリー】)  1月26日、インドの首都ニューデリーは、トラックやトラクターに分乗して進撃する数十万におよぶ農民の怒りのデモによって席巻された。彼らの要求は、モディ政権が昨年9月に制定した、農産物取引を自由化する「農業新法」の全面撤回・廃止だ。 警察のバリケードを突破  この日は憲法施行を祝う共和国記念日で、政府主催の大規模な軍事パレードが予定されており、警察はこれを守りデモを抑え込むために大型車両、コンクリートブロック、釘、鉄線などで主要道路にバリケードを築き、催涙弾・放水・警棒などで暴力的な弾圧を行った。農民は実力でバリケードを突破・破壊し、ムガール帝国時代の城塞(じょうさい)「赤い城」を一時占拠した。この衝突で農民1人が死亡、100人が負傷した。 全国の農民たちは昨年11月から抗議活動を開始し、「チャロ・デリー(デリーへ進め)」を合言葉に高速道路を長期間占拠し、「長征」のように首都に攻め上ってきたのだ。 「労働法改悪反対」を掲げるインドの労働組合は、この農民の決起に連帯して11月26日にゼネストに立ち上がった(参加者2億5千万人)。全国の労働者・学生・市民は、「農民なくして食料なし」と熱烈な連帯と激励を寄せている。 政府はかたくなに新法の廃止を拒絶していたが、2月12日に最高裁が仲裁に入り、農民の主張を受け入れる形で新法施行の無期延期を決めた。 農民団体の幹部は、3月からの収穫期にも抗議活動を継続し、新法廃止まで闘うと強調している。 制定された農業関連新法は、①農産物流通促進法、②農民保護・支援・価格保証及び農業サービス法、③改正基礎物資法の三つ。 農作物の取引は、これまで州政府が指定する卸売市場で行うことが原則とされていたが、新法では販路が「自由化」され、州外の市場・スーパー・食品会社などに販売できるとされる。 政権は新法について「農産物の州間取引を活発にし、幅広い選択肢を与えて農民の生活を向上させるもの」と説明している。 だが、新法にはこれまで維持されていた農作物買い取りのMSP(最低保証価格)について明記されていない。農民側は「MSPが廃止されたらわれわれは生きていけない。大企業主導で価格が決められ安く買いたたかれる」と怒りを表している。政府側は「MSPを市場で維持する」と説明を繰り返すが、信用ならない弁明であり、新法は明らかに廃止へ向けた布石だ。 大企業の農業支配に怒り  インドは人口13億人、うち6割以上が農村に住み、2㌶未満の農地しか持たない零細・小規模農家が農業経営体数の85%を占める。GDPに占める農業の割合はわずか18%。灌漑(かんがい)設備の普及率は農地面積の約半分で、その他の地域は天水農業。農業機械の普及率は1割程度にとどまる。インドの穀物の1㌶当たりの収量は3・2㌧で、世界平均の4・1㌧を大きく下回る。 1960年代、米ロックフェラー財団の主導によって「途上国の食料危機の克服」をうたう「緑の革命」と呼ばれる農業近代化、農業改革が全世界的に進められた。インドでも伝統的農法から近代農業への転換が図られ、政府の補助金によって灌漑施設の普及、化学肥料と農薬の大規模投入、品種改良作物栽培が推進され、収量が飛躍的に伸び、干ばつと飢饉(ききん)にあえぐ状況が急速に改善された。 だが90年代以降、穀物の収穫量は伸び悩んだ。過剰な地下水くみ上げによって水位が大幅低下し、あるいは長年の農薬漬け農法などの結果として土壌劣化、塩害、水質汚染などが生じた。穀倉地帯として知られたパンジャブ州では耕作不能地が拡大し、農民にはがんなどの深刻な健康被害が多発しているという。 またこうした高負担を強いる「近代農業」が、各農家に過大な「ローン」を背負わせ、次々と借金地獄に追いやった。農民の自殺者数は95年以来30万人を上回ると言われる。 このように根深く深刻な農業の構造的危機、農民の苦境に際して、ヒンドゥー至上主義を掲げるモディ首相の政権は、農民保護政策を打ち切り、新自由主義的「市場自由化」を進め、農業と流通を大企業の支配にゆだねることで乗り切ろうとしている。 香港、タイ、ミャンマー、インドなどアジアの激動は連動している。日本の地から闘いを起こし、これに連帯する時だ Source: インド農民数十万人が首都で大デモ 農産物「自由化」新法に実力抗議 – 週刊『前進』 (zenshin.org)

Read More

インドでは、新たな農業法に抗議する農民らが、自分たちの要求が満たされない場合、国会を包囲すると警告している。雑誌Outlookが24日、伝えた。

抗議活動のリーダーの1人で、「インド農民同盟」の代表を務めるラケシュ・ティカイト氏は23日夜、インド北西部ラジャスタン州で行われた農業従事者の大会で演説し「今回は国会包囲を呼びかける。われわれはこれについて発表した後、デリーに向かう。今回は40万台のトラクターが参加する!」と述べた。ティカイト氏は、「首都デリーへの行進」の呼びかけにいつでも対応できるよう、農民たちに準備を整えておくよう求めた。また同氏は、播種時期が近づいているが農民たちは抗議をあきらめず、「デリーの公園を耕し、そこで作物を育てる」用意があると述べた。国会を包囲する日は、近いうちにも決定されるという。 デリー首都圏では昨年11月下旬から農業組合の数千人の代表者らが抗議活動を行い、新たな農業法の撤回を求めている。抗議デモでは治安部隊との衝突が発生することも珍しくない。 抗議デモの参加者らは、9月に可決された農業法の撤回を求めている。この法律は、農民が農産品を全国のあらゆる民間市場で販売できるようにすることでその収入を増やすことを規定しているが、抗議デモの参加者らは、実際にはこの法律が仲買人にさらに大きな権力を与え、農産物の最低買入れ価格保証の撤廃につながると考えている。 関連ニュース Source: インド 農民が国会包囲を警告 新農業法に抗議 – Sputnik 日本 (sputniknews.com)

Read More

「新農法」に待った! インドで発生した抗議デモとは

宮路秀作 | 代々木ゼミナール地理講師&コラムニスト (写真:ロイター/アフロ) 2月1日(アメリカ時間)、インドで数十のTwitterアカウントへのアクセスをブロックする出来事がおきました。アカウントには、ニュース誌の「Caravan」、政治評論家の「Sanjukta Basu」、公共放送局の最高刑責任者「Shashi Shekhar Vempati」などが含まれていました。しかし、これは後に解除されました。 ▼Twitterがインド政府からの「法的要求」を受け、同地の著名人アカウントを停止 これに対して、インド当局は「裁判を想定したり、命令の不遵守を正当化しないように」と警告しました。 ▼インド当局がTwitterによる同国農民の抗議運動に関するツイートのブロック解除に警告 1.インドでデモが発生 実は、インドでデモが深刻化しています。 昨年9月に成立した「農産物流通促進法」などの3つの新しい法律に反対するデモです。そしてこのデモに対して、インド政府の農民への圧力が強まっています。農民たちや専門家たちはこれに反発し、新しい法律に対する批判的な意見をツイッターで発信していました。そこへインド政府は電子・情報技術省を通じて、新農法に批判的なアカウントに対して一時的に利用を停止する措置を講じました(先述の通り、現在は利用制限を解除)。 今回の発端となった「新農法」は、 農産物流通促進法 農民保護・支援・価格保証及び農業サービス法 改正基礎物資法 の3つです。 これまでのインドでは、地域ごとに公に設けられた市場があり、農家はここでの農作物の販売が義務づけられていましたが、「農産物流通促進法」によって自由販売が可能となりました。これによって農家は公設市場に巣くう悪徳仲介業者に買いたたかれることなく、農家の所得保証にも繋がると期待されていました。 しかし、農家の多くは最低支持価格による「買い入れ制度」が廃止されると思い込んでしまったため、新農法に対して「No!」を突きつけました。こうした意見を野党が扇動し、農家たちの抗議デモが拡大してしまいました。野党が民衆を扇動しようとするのはどこの国も同じのようです。それはさておき、今回のデモはつまり「買い入れ制度」によって所得が保証されていたにもかかわらず、新農法によって自由競争にさらされてしまうことで、所得が不安定になるという心配が頭をもたげたということです。 12月になると、学者らによる警告や反対の声明が出され、抗議デモはますます勢いづいてしまいます。デモ隊は「デリー・チャロー」をスローガンに掲げ、首都デリーを目指して行進を開始しました。そのため、Twitterアカウントのアクセスブロックとなったわけです。 政府は「買い入れ制度は廃止しない」と繰り返し発信してきましたが、デモ隊は聞く耳を持たず、農家は新農法そのものの廃止を要求しています。挙げ句の果てには農村向け電力料金への優遇措置を求めるなど、度を超えた要求が目に付くようになっていきます。多くの農家では、「新農法の下では、零細農家が大企業に価格決定権を支配されてしまう」との懸念があるようです。 2.パンジャブ州を中心に発生したデモ 今回の抗議デモの中心でもあるパンジャブ州には、シク教の総本山であるハリマンディル・サーヒブが存在することもあって、インド中でもシク教徒が多い州です。ハリマンディル・サーヒブは日本では「黄金寺院」と呼ばれることが多く、シク教徒にとっては最も重要な巡礼地です。 またパンジャブ州の穀物栽培が盛んな地域であり、2011年のインド農業省の資料によると、パンジャブ州の米の生産量はインド全体の12.61%、米の1ha当たり収穫量が4010kgとインド最大であり、いち早く「緑の革命」に成功した州でもあります。 パンジャブ州はイギリス植民地時代に灌漑用水路の建設が進められたこと、独立後に農村電化が進められたこと、米と小麦の二毛作が確立したことが主因です。特にパンジャブ州は農業用電力料金を無料としてきた州の一つでもありました。さらにパンジャブ州の小麦の生産量はインド全体の18.77%、小麦の1ha当たり収穫量は4462kg(2011年インド農業省統計)とインド最大です。これも「緑の革命」の恩恵でした。2020年のインド食糧公社が買い入れた米のおよそ20%、小麦のおよそ33%がパンジャブ州産でした。 インドの食糧問題は以下の4つの時期に大別できます。 ①慢性的な食糧不足期(~1960年代半ば)  ・食糧輸入が常態化し、年間1000万トンもの食糧輸入 ②「緑の革命」の導入によって食糧自給が達成される(1970年代半ば)  ・しかし地域ごとに導入の偏りがみられ、州ごとに食糧自給の達成有無が異なる ③「緑の革命」が全国的に展開し、多くの州で食糧自給が達成される (1970年代半ば~1990年代初頭) ④生産量の増加で輸出余力が生まれる(1990年代半ば~)  ・それまでの米の二大輸出国であったタイ・アメリカ合衆国に割って入り、その後インドは世界最大の米輸出国となる パンジャブ州は②の段階(つまり早い段階)で「緑の革命」を導入できていました。またパンジャブ州の灌漑普及率はほぼ100%であり、インド全体のおよそ50%の平均値を遙かに上回ります。収穫量しかり、潤沢な電力しかり、インドの中で最も農業を主産業とした州といえるわけです。 こうした産業構造は既得権益化しやすいものです。つまり、パンジャブ州は産業構造の転換を最も嫌う州でもあるということです。そして、インドの米や小麦の生産・輸出の拡大は、補助金漬けによるものであることもまた現実です。 3.頭にターバンを巻いている人たち またCNNのウェブサイトで見る抗議デモの映像をみると、頭にターバンを巻いている人が実に多いことに気づきます。ターバンはシク教における着用義務であり、実はパンジャブ州は州民のおよそ60%がシク教です。 「産業構造の転換を嫌ったシク教徒を中心とした抗議デモ」という姿が見えてきました。 ▼インドでデモ、「農業新法」に抗議 https://www.cnn.co.jp/video/20023.html これに対して政府は、「シク教徒による分離独立運動」という懸念を表明しており、特に与党インド人民党はその主張を強めているようです。インド人民党はヒンドゥー教徒至上主義の考えを持つ政党であり、今回の抗議デモによる批判をはぐらかそうとする意図が見え隠れします。中国しかり、ロシアしかり、少数民族の分離独立運動に対して過敏になるのは多民族国家ではよくある話です。 今回の新農法の制定に政府の失政はなかったのかと問われると、以下の2点が考えられます。 ・新農法の制定で公設市場の取り扱いシェアが減少するため、州政府の税金が減る (既得権益が脅かされる) ・化学肥料や電力、灌漑などの農業投入財に対する補助金を政府が負担してきたが、いきなり「自由に販売してください」といってもなかなか出来るものではない 今回のインドでの抗議デモは急激な農政の変化を嫌った農家たちの心の叫びといえます。特に農業先進地域であるパンジャブ州などの北部諸州で声が上がり、抗議デモにはパンジャブ州に多いシク教徒が多数参加しているという事実が浮かび上がってきます。 4.ツールキットの存在 シンガポールの新聞「The Straits Times」の2月16日付に、「Outrage as Indian activist detained […]

Read More

インド農家デモ、グレタさんツイートの資料めぐり活動家逮捕 分離独立派も関与か

【2月15日 AFP】インドの農業改革法に反対する農家の抗議運動に関してスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリ(Greta Thunberg)さんがツイッター(Twitter)に上げた情報の作成に関与した疑いで、インドの環境活動家が当局に身柄を拘束された。  インド南部ベンガルール(バンガロール、Bangalore)出身のディシャ・ラビ(Disha Ravi)さん(22)は13日、身柄を拘束された。警察はラビさんが、インドの抗議運動に関する情報が書かれた「ツールキット」と呼ばれている文書の「作成と流布の首謀者」だとしている。  ツールキットには、農家の抗議運動に関する基本情報のほか、抗議集会への参加方法、オンラインで運動を支援する方法などが書かれていた。デリー(Delhi)警察は、ラビさんとその仲間は、この文書をグレタさんと「共有していた」と述べている。グレタさんは今月に入り、この文書をツイートしていた。  ラビさんは、グレタさんが主導して世界各地に広まった地球温暖化対策を求める運動「フライデーズ・フォー・フューチャー(Fridays For Future、FFF、未来のための金曜日)」をインドで始めた一人。  インドでは昨年11月以降、政府の農業改革に関する新法に反対し、数万人の農家が首都ニューデリー郊外で野営を続けている。デモはヒンズー教至上主義を掲げるインドのナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相にとって、2014年の政権掌握以降、最大の試練となっている。  米歌手リアーナ(Rihanna)さんやインド出身の母を持つカマラ・ハリス(Kamala Harris)米副大統領のめいミーナ・ハリス(Meena Harris)さんも農民の抗議行動についてツイートしている。  これに反発したインド政府はソーシャルメディアのプラットフォームを追及し、交流サイト(SNS)大手の米ツイッターに農業改革に反対する農家の抗議集会についてツイートした数百のアカウントを停止するよう要請している。  著名人のツイートを受けて、警察は今月5日、インド政府への「不満と悪意」をあおった者たちの捜査を開始。デリー警察はツイッターで、ラビさんらのグループは北部パンジャブ(Punjab)州の分離独立を目指す勢力と共同で活動していたと明らかにした。抗議行動をしている農家の多くはパンジャブ州から来ている。(c)AFP Source: インド農家デモ、グレタさんツイートの資料めぐり活動家逮捕 分離独立派も関与か 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

Read More

インドの農民が抗議活動を行っている理由

◎農民たちは昨年9月に可決された新しい農業法と闘っている。農業組合は新しい農業法を「死刑執行」と呼び、農民の生活を荒廃させると主張しているが、政府はインドの農業を近代化するために必要と反論している。 ◎以前の法律では、農家は州の農産物市場委員会を通して農産物を販売する必要があり、政府と合意した最低価格分の売り上げを必ず得ることができた。また、購入できる量と必需品の価格には上限が設定されていた。 2020年11月以来、インド全土の何万もの農民が首都ニューデリーの外にテントを設置し、抗議活動を継続している。 ニューデリーの境界に建てられた有刺鉄線付きのバリケードとキャンプ地は数百メートルしか離れていない。政府は農民たちがニューデリーの中心部に近づくのを阻止した。 農民たちは昨年9月に可決された新しい農業法と闘っている。農業組合は新しい農業法を「死刑執行」と呼び、農民の生活を荒廃させると主張しているが、政府はインドの農業を近代化するために必要と反論している。 政府は特定の作物に保証価格を設定し、農家の生活を守ってきた。 以前の法律では、農家は州の農産物市場委員会を通して農産物を販売する必要があり、政府と合意した最低価格分の売り上げを必ず得ることができた。また、購入できる量と必需品の価格には上限が設定されていた。 ナレンドラ・モディ首相が推進した新しい3つの農業法は、農産物市場委員会を解体し、代わりに農民は自分の商品を誰にでも好きな価格で販売できるようになる。 当局者によると、この法律で農家は仲介業者を通さずにバイヤー(他の州やチェーン店など)と直接やり取り可能になるため、商売の自由度は格段に向上するという。 しかし、大半の農民は、農産物を大量供給できる大企業が農産物の価格を引き下げると主張している。需要があれば農民はより高価格で農産物を販売できるが、供給が多すぎるとこれまでの保証価格以下で農産物を販売しなければならない可能性がある。 農業はインドの全人口(約13.5億人)の約58%の主要な生計手段である。 農民はインド最大の有権者集団であり、彼らの生活を揺るがす新しい農業法はインドの政治問題の中心になった。農民を怒らせると、モディ首相は2024年の総選挙でかなりの票を失う可能性がある。 与党インド人民党(BJP)は多くの政策および政策提案で農民の制圧を試みてきた。2014年、BJPは、すべての農産物の価格を「生産コストより50%高くする」必要があると主張した。2016年、BJPは2022年までに農民の収入を2倍にするという目標を設定した。 政府は市場競争が活性化すれば農民の収入は向上すると主張し、新しい農業法は素晴らしいと宣伝してきた。 モディ首相は以前、「これらの改革はインドの農民を解き放つだけでなく、彼らに新しい権利と機会を与える」と述べている。 抗議活動は新しい農業法が可決された直後に始まった。 可決から2か月後、激怒した全国の農民たちは首都ニューデリーの州境にトラクターや車を乗りつけ、キャンプインした。また、数万人が周辺の州から首都に向けて行進し、直後に暴力が発生した。 警察は催涙ガスと放水砲で農民を打ち負かし、首都への侵入を何とか防いだ。 抗議活動は1カ月以上続き、全国の農業組合支持者が労働ストライキとハンガーストライキに参加した。ニューデリー郊外に集まった農民は10万人以上に膨れ上がり、その大部分は平和的に抗議したが、一部の農民は警察と衝突した。 モディ首相は、先月26日のインド共和国記念日に発生した大規模な抗議(一部暴徒化)を力でねじ伏せ、全国の農民から非難された。 16の野党グループは共同声明で、「モディ首相とBJPは過度な力で農民を弾圧し、打ち負かし、叩き伏せた。私たちはこの非民主的な取り締まりに断固として抗議する」と述べた。 共同声明発表後、当局はインターネットを部分的に遮断し、「公共の安全を守るための措置」と声明を発表した。 抗議活動を代表する団体のひとつによると、11月から始まった一連の抗議で少なくとも147人の農民が死亡したという。(主な死因は自殺、交通事故、栄養不足) 1月中旬、最高裁判所は、3つの新しい農業法を一時的に停止し、政府も農民組合と解決の道を模索するために、法律の施行を12カ月から18カ月延期する用意があると発表した。 しかし、抗議活動は一向に収まらず、一部の農民は法律を廃止しない限りキャンプから離れることはないと主張している。先週の抗議活動では一部の農民が高速道路を封鎖し、数十名が拘束されたと伝えられている。 Source: インドの農民が抗議活動を行っている理由、新しい農業法に反対する抗議は収束の兆しを見せず、モディ首相は非難に直面 (kagonma-info.com)

Read More

インド農民、収穫期も抗議活動継続 政府の農業関連法改正に反発

By Reuters Staff [ニューデリー 8日 ロイター] – インドの農民による農業関連法改正に対する抗議活動では、参加者が拡大し、3月から始まる収穫シーズン中も抗議活動が続けられる計画だ。有力農民団体の幹部が8日、明らかにした。 この幹部はロイターとのインタビューで、「小麦や冬作物の収穫期でも抗議活動が失速しないようにするため、綿密に計画を策定している」と説明した。 政府による法改正に反発する数多くの農民が首都ニューデリーに集結。9月に施行される三つの関連法廃止を訴え、政府に圧力をかけている。 政府は法改正により、大口小売業者など民間購入業者に農産品を直売でき、農民に新たな機会が開かれると指摘。これに対し農民らは、大規模な民間購入業者が恩恵を受け、生産者が犠牲になると反発している。 幹部は、「政府がわれわれの要求を受け入れるまで終わらない。抗議行動の勢いを失速させることはできない」と強調した。 Source: インド農民、収穫期も抗議活動継続 政府の農業関連法改正に反発 | Reuters

Read More

農民デモを扇動しているとして、カマラ・ハリスの姪もグレタさんと同様に画像を燃やされてしまう

インドのナショナリストはソロスの抗議を支持するためにカマラの姪とトゥーンベリの画像を燃やす ミーナ・ハリスは、イスラム主義者や共産主義者にも支持されている暴力的なインドの農場抗議の声の擁護者でした。インドの国民主義グループは、カマラ・ハリス米国副大統領の姪であるミーナ・ハリスと左翼の環境活動家グレタ・トゥーンべリの画像を、2人の個人がインドで進行中のソロス支持の抗議運動を承認した後に燃やした。インド政府を支援するナショナリストのユナイテッドヒンドゥーフロントは、ツイッターで暴力的な抗議運動を声高に宣伝した後、ハリスとトゥーンバーグの画像を焼き付けました。 ハリスの誤った主張/1月6日の暴動と無理矢理結びつける 民主的に選出されたインドの保守政権が農業改革法案を可決しようとした後、ハリスはインドで「民主主義が暴行を受けている」と誤って主張した。 「過激派の暴徒によって焼かれた自分の写真を見るのは奇妙です」と、インドの子孫であるハリス(カマラ・ハリスの母親がインド出身)は書いています。「私たちがインドに住んでいたら彼らがどうするか想像してみてください。」 彼女は農業法案を1月6日の議会議事堂の襲撃と比較し、左翼の反政府抗議者に対するインドでの「準軍事的暴力」があったと主張する前に、2つの状況を「関連」と説明した。 ミーナ・ハリスの実際のツイート 「世界最古の民主主義が1か月も前に攻撃されたのは偶然ではなく、私たちが話すように、最も人口の多い民主主義は攻撃を受けています。これは関連しています。私たちは皆、インドのインターネットの閉鎖と農民の抗議者に対する準軍事的暴力に憤慨しているはずです。 AOC(おかしいよコルテス)が国会議事堂の暴動で経験したトラウマについて無防備に話してくれたことに感謝しますが、彼女がしなければならないほど怒っています。説明責任がゼロであり、下院議員が追放されていません。それは恥ずべきことです https://platform.twitter.com/embed/Tweet.html?dnt=true&embedId=twitter-widget-0&frame=false&hideCard=false&hideThread=false&id=1356747965713371138&lang=ja&origin=http%3A%2F%2Ftotalnewsjp.com%2F2021%2F02%2F08%2Fgreta-2%2F&theme=light&widgetsVersion=889aa01%3A1612811843556&width=550px ミーナ・ハリスは「イスラム主義者や共産主義者」に支持されている「暴力的な農民デモ」を煽動しているとして国民から反発を受けている 彼女が最初に削除してから編集版を再投稿したこのツールキットの露出は、調査を含む愛国心が強いインドの国民からの激しい反発を引き起こしました。 2020年2月、ジョージ・ソロスは、世界的に「ナショナリズムと戦う」ための10億ドルのイニシアチブを開始すると発表し、彼の主要な目標をドナルド・トランプ米大統領、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、インドのナレンドラ・モディ首相とした。 イスラム主義者と共産主義者もまた、インド政府を不安定化させる努力を支援するために団結しました。 アメリカ民主党員はインド政府の対応を批判 米国の主要な民主党員も、抗議行動への支持と、彼らに対するインド政府の対応への反対を表明した。 「彼らの生計のために抗議しているインド中のすべての農民との連帯」と言ったイルハン・オマル議員(D-MN)。「インドは彼らの基本的な民主的権利を保護し、情報の自由な流れを可能にし、インターネットアクセスを回復し、そして抗議を報道するために拘留されたすべてのジャーナリストを解放しなければならない。 ヘイリー・スティーブンス議員(D-MI)はまた、「インドの新しい農業改革法に抗議する平和的なデモ参加者に対する報告された行動に懸念を抱いている」と述べた。 実際の民主主義に反対しているにもかかわらず、「民主主義を支持する」と主張する同様の抗議も、近くのミャンマーとタイの保守的な政府に対して開始された。(nationalfile) グレタさんは、インドの農民の抗議ツイート」をめぐり、インド警察から犯罪陰謀調査されてしまう 【グレタさんがしてしまったこと】 「インドで起きている農民の反乱抗議を鼓舞するツイートをした際に、何をするべき(書くべき)か、言われた(指示されていた)ことをついうっかり共有してしまった模様。インドの警察から正式な犯罪陰謀調査を開始されてしまう」 おかしいよコルテス、1月6日の国会議事堂の暴徒乱入の件は「真っ赤な嘘」だったとバレる 1月6日の乱入事件について、ライブで中継した際「ここで死ぬのかと思った。暴徒によって心的外傷を受けた。トランプ大統領支持者とトランプ大統領をアメリカに対する裏切り者だ」と述べた。しかし実際は暴徒の乱入が起こったとき、おかしいよ議員は議事堂にはおらず、下院議員会館にいたということがバレた。真っ赤な嘘ということがわかりTwitterで非難轟々。#AocLiesのハッシュタグも。 Source: 農民デモを扇動しているとして、カマラ・ハリスの姪もグレタさんと同様に画像を燃やされてしまう | Total News World (totalnewsjp.com)

Read More

天后蕾哈娜推文惹怒印度政府? 她表態支持「農民抗議」 掀網熱議

新頭殼newtalk | 黃奕慈 綜合報導發布 2021.02.04 | 15:15 在印度當地時間2月3日,印度外交部發表聲明稱,經過充分的討論後,議會通過了「與農業領域相關的改革法案」。會通過的背後原因,則有可能與流行樂壇天后蕾哈娜(Robyn Rihanna Fenty)有關。外媒更直言「蕾哈娜的推文惹怒了印度政府」。 綜合媒體報導,印度外交部發表聲明,除了宣布議會通過「與農業領域相關的改革法案」外,還批評道 :「在急於評論這些事情之前,我們敦促查明事實,並對目前要處理的問題有適當了解。社交媒體上那些聳人聽聞的標籤和評論,特別是當名人和其他人參與討論時,這是既不準確也不負責任的。」 印度外交部之所以會發表這則聲明,起因為在2月2日,蕾哈娜轉發了美國有線電視新聞網(CNN)的一則報導,並在貼文上寫下「為什麼沒有人討論這件事?」她同時貼上「農民抗議」的標籤。而蕾哈娜轉發的這則CNN貼文,內容提到抗議農民與警察發生衝突之際,印度切斷了首都周圍的網路。因此該報導指出,有鑑於印度最近這些舉動,讓西方國家對該國的民主感到擔憂。https://api.dable.io/widgets/id/Ql99Qdl4/users/23034483.1612539716625?from=https%3A%2F%2Fnewtalk.tw%2Fnews%2Fview%2F2021-02-04%2F533274&url=https%3A%2F%2Fnewtalk.tw%2Fnews%2Fview%2F2021-02-04%2F533274&ref=https%3A%2F%2Fwww.bing.com%2F&cid=23034483.1612539716625&uid=23034483.1612539716625&site=newtalk.tw&id=dablewidget_Ql99Qdl4&category1=%E5%9C%8B%E9%9A%9B&ad_params=%7B%7D&item_id=533274&pixel_ratio=1.25&client_width=850&network=non-wifi&lang=en&is_top_win=1&top_win_accessible=1&inarticle_init=1 蕾哈娜轉推此文,代表著她支持印度農民抗議。因此,她的言論很快引發外界關注,也在社交媒體上掀起網友討論,且瑞典「環保少女」格蕾塔·童貝里(Greta Thunberg)也在推特上表態支持農民,童貝里在推文表示「我們支持印度的農民抗議。」 不過,蕾哈娜的貼文也引發許多網友的不滿。有網友回應 :「我們國家為我們的農民驕傲,並且知道他們有多重要。我相信事態很快會得到解決。我們不需要一個外人插手我們的內政!」且該留言獲得最高的讚數。也有網友表示 :「我非常尊重你並欣賞你的才華。我仍然在聽你的《Under My Umbrella》,我很喜歡它,但請你不要談論你並不全然了解的事情。請不要向你的粉絲或世界發送任何不實的訊息。」 Source: 天后蕾哈娜推文惹怒印度政府? 她表態支持「農民抗議」 掀網熱議 | 國際 | 新頭殼 Newtalk

Read More

インド当局がTwitterによる同国農民の抗議運動に関するツイートのブロック解除に警告

2021年2月04日 by Manish Singh, Hirokazu Kusakabe インドが、Twitter(ツイッター)に通知を出した。その内容は、この米国のソーシャル企業が、ニューデリーの命令を遵守し、インドの農民による抗議運動に関連するアカウントやコンテンツをブロックすることを求めるもので、「裁判を想定したり、命令の不遵守を正当化しないように」とある。命令に従わない場合は、Twitterに対する罰則措置を求めることができると、この通知は警告している。 この警告の数日前に、Twitterはニューデリーの要求に従ってインドで知名度の高い数十のアカウントをブロックしたが、後に解除している。 Twitterは「裁判を想定し、不遵守を正当化することはできません。媒介であるTwitterは、情熱を喚起し、公の秩序に影響を与える扇情的なコンテンツについて、当局の求めに応じて指示に従う義務があります。公の秩序を乱す潜在的な影響についての当局の求めに対し、Twitterは上訴することはできません」と、通知には書かれている(TechCrunchはその概要のコピーを確認した)。 インドの電子情報技術省はまた、軽蔑的で事実に反するとみなしたツイートやハッシュタグが、今週インドで拡散していることに懸念を表明している。「問題のあるツイート / ハッシュタグはパブリックドメインに残っており、公序良俗に対する危害や損失および犯罪の遂行を扇動する危険をともないながら、何度もツイートやリツイートされていたに違いないことは明らかである」と、通知は述べている。 Twitterはコメントを拒否した。 3カ月以上にわたり、インドでは数万人の農民(に限らないが)が、2020年にNarendra Modi(ナレンドラ・モディ)首相の政府によって可決された農産物取引の自由化を目指す3つの法律に抗議してきた。 インドで7500万人以上のユーザーを抱えるTwitterは、この問題に対して意見を述べようとする人々の唯一最大のオンラインフォーラムとなっている。インドの俳優や政治家よりも多くのフォロワーを持つ歌手Rihanna(リアーナ)は、現地時間2月2日、インドの抗議行動を伝えるCNNのニュース記事を投稿し、「なぜ私たちはこのことについて話をしていないのか」とツイートした。 リアーナなぜ私たちはこのことについて話していないの!? グレタ・トゥーンベリ私たちはインドの#農民運動と連帯して立ち上がります。 Akshay Kumar(アクシャイ・クマール)氏、Ajay Devgn(アジャイ・デブグン)氏、Karan Johar(カラン・ヨハール)氏、Ekta Kapoor(エクタ・カプール)氏など、複数のインドの政治家や著名な俳優は、現地時間2月3日水曜日に「プロパガンダ」にだまされないようにとインド人に注意を促した。 アクシャイ・クマール農民は我が国にとって極めて重要な存在です。そして、彼らの問題解決に向けた努力は明らかです。紛争の種を生み出す人に注目するのではなく、円満な解決に向けて支援していきましょう。 非営利のインターネット擁護団体Access Now(アクセス・ナウ)のシニア国際弁護士でアジア太平洋政策ディレクターのRaman Chima(ラマン・チマ)氏は、一連のツイートの中で、インドの電子情報技術省は、ソーシャルメディアプラットフォームを脅すのではなく、「なぜハンドル全体をブロックしたり、ハッシュタグの禁止を求めたりすることがインドの憲法に違反しないのかを説明する必要がある」と述べた。同省は透明性も権利も尊重していない、と同氏はいう。 「このような懸念と暴挙には反対、訂正、嘲笑、あるいは従事することのいずれかを自分で選ぶことができます。そのような議論を禁止、事前検閲するように求めることは、インドの憲法と国際人権法の茶番です。これは21世紀のインドが許すべきことではないし、我々の創設者たちが想定していたことでもありません。電子情報技術省は、実際の命令と政府の決定の背後にあるすべての文書を公開し、Twitterや他のソーシャルメディアのプラットフォームでこの問題を議論するべきです。隠すのではなく、これが違憲ではないことを説明し、正当化してください」。 Source: インド当局がTwitterによる同国農民の抗議運動に関するツイートのブロック解除に警告 | TechCrunch Japan

Read More